条件が違う?看護師が転職して失敗した事例

トップページ  > 辞めたいその時どうしたか?  > 条件が違う?看護師が転職して失敗した事例

条件が違う?看護師が転職して失敗した事例

40代・女性・地元の総合病院勤務4年・ケアハウス2年・透析クリニック2年半・鳴海さん(仮名)

鳴海さんは子育ての体調不良で看護師を辞めました。
でも離婚をキッカケにブランクはありますが復職しました。

鳴海さんが看護師を辞めた理由は?

まえに転職した病院で、条件面で求人票との相違があったからです。
わたしは求人情報を見て勤務条件などを確認しました。
面接時にのその条件を聞いてから、入職しています。
でも採用後、言われた条件が全く違うのに気が付いたのです。
あまりにも条件が違うのと、病気があり悪化したので今のシフトでは勤務できないので退職を決意しました。
今は雇用保険の申請中ですが今の体調で勤務できる所を探しています。
でも病気治療しているので治療費、家賃なので厳しい状況です。
だから今の体調で勤務できる所があれば復職する予定です。
看護師以外の選択に書かれていましたが、看護師不足が深刻になっている今の状況だと復職も案外楽なようです。

看護師を辞めて・・・

看護師は人の命を預かる仕事です。
辞めたいと思いながら勤務するとどこかで重大なミスをする事もあります。特に薬の投薬ミス。大きな病院はバーコードで管理されてますが、個人の小さなクリニックではバーコード化されてないので薬液の投薬ミスなど起こりがちです。私は透析クリニックでしたがオンラインHDを導入していたのでより専門的な知識が必要でした。慣れていてもAとVの接続ミスは年に数例インシデント報告がありました。いやいや勤務しているとよりミスが増えます。患者さんにも不満やイライラは伝わりますからそのような状況で仕事を続けるならより自分に合ってる病院に転職した方が患者さんにも自分の為にも良いと思います。求職に際していつも求人が出ている病院クリニックはかなりのブラックです。私の勤務していた透析クリニックも転居して来たので知りませんでしたが、年間通して求人募集しています。採用しても、面接時と条件が全く違う。有り得ない人事などで退職者が多くいつも求人を出しています。そのような所は勤務してもハッキリ言って続きませんからハローワークだけでなくナースバンクの口コミサイトなど最大限活用して応募された方が離職率も低く長い間勤務出来ると思います。ハローワークでは求人情報だけしか分かりませんからナースバンクの口コミ情報はかなり参考になります。私は田舎から都会に引っ越してきたのでナースバンクなど使わなくても情報は入ってきましたが、都会は病院が多すぎて本当に近くしか情報が分かりません。今回、退職してナースバンクに登録、口コミサイトを閲覧しているとやはり勤務していたクリニックの口コミは最悪でした。知らない土地での求人応募は口コミサイトの情報もかなり参考になりますのでこちらの利用をお勧めします。使い捨ての 病院に当たらないように利用できるものは最大限の利用してご自分が納得できる所で働いた方が精神的にも肉体的にも楽ですよ。
Copyright(C) 今すぐ看護師辞めたい! All Rights Reserved.